やぶきた茶誕生秘話


静岡県指定天然記念物、やぶきた原樹解説

 この木は、茶の優良品種である、やぶきたの原樹です。
 やぶきたは、安政4年7月、有度村に生まれた故杉山彦三郎翁が選んだもので、収穫量と品質は最もすぐれ、その名は全国的に有名です。
 翁は、その一生を茶の品種改良に捧げ、全国の茶産地を踏査して、良樹の選定につとめ、幾種もの優良種選抜に成功しました。
 この原樹は、たまたま竹藪の北側にあったのでやぶきたと命名されたものです。
 日本各地の茶産地には、この木の分身が植え付けられ、わが国茶園の発展に寄与しています。
 そして昭和38年4月30日、静岡県の天然記念物に指定されました。
 静岡県文化センターの建設にあたりやぶきた原樹の所有者である、杉山彦三郎翁の顕彰会から静岡県に対し寄贈されました。
 このため、やぶきた原樹誕生の地と翁の栄誉を永久に讃えるため、静岡市谷田159番地からこの地に移植しました。

 昭和43年4月 静岡県
 杉山彦三郎翁顕彰会  (静岡県北番町81 静岡県茶業会議所内)





 日本各地に広がる茶園の約75%をやぶきた品種が占めていますが、この優良品種やぶきたを選抜した功労者が、杉山彦三郎です。
 彦三郎が農業を始めた明治初頭は茶業の勃興期。
 当時は未だ品種改良という概念はなく、彦三郎は民間人でありながら、幾多の失敗と工夫を重ね茶木の選抜育種に生涯を捧げました。
 現在、この展示圃には彦三郎が選抜した60余種のうち、晩生七号・加藤錦・強力立木・騎兵、など13種があります。
 これらは彦三郎が苦心惨憺し、やっとの思いで選抜育成した茶原木が、時間の経過とともに散逸するのを憂慮して、系統保存のために設けられたものです。