手揉み茶
手揉み茶完成品 お茶の手揉み
完成した、手揉み茶。
仕上げの、こくり。

 手揉み茶は19世紀末期、産業革命によって動力の活用が盛んとなった頃、日本の主な輸出品目は生糸と緑茶でした。
 そのため、緑茶を大量生産するために機械化が業界から望まれ、資産家が財を投じて製茶の機械化に参入しました。
 ですから、製茶機械が無い時代は、お茶はすべて手で揉んでいました。

手揉み茶の淹れ方
1.茶器は、できるだけ小さめのものを使って下さい。なければ普段使っているもので構いません。
2.お湯の量は、1人分50ml位です。
3.茶葉の量は1人分3g位ですが、人数が少ない場合は多めにして下さい。
4.お湯の温度は、50~60℃位で、煎出時間は2~3分位です。
5.注ぐときは、急須をゆすらずに回し注ぎして下さい。そして、最後まで注ぎきってください。
6.注ぎ終わったら、急須の中の茶葉が蒸れないように、急須の蓋を外しておいて下さい。
7.二煎目は、一煎目より少し熱めのお湯で、煎出時間は短くして下さい。

廻し注ぎ:茶碗が3つあったら1→2→3と注ぎ、今度は逆から3→2→1と戻るように注ぐこと。