玉緑茶
蒸し製玉緑茶
蒸し製玉緑茶
釜炒り製玉緑茶
釜炒り製玉緑茶
画像提供:社団法人静岡茶業会議所HP 

 "玉緑茶"は、煎茶・玉露などと違って、精揉機というお茶の形をピンと伸ばす製茶機械にかけません。ですから、形が丸く曲がったお茶で、"ぐり茶"とも言いいます。

 玉緑茶には、"蒸し製玉緑茶"と"釜炒り製玉緑茶"の、二種類があります。

 "蒸し製玉緑茶"の製造方法は、"普通煎茶"とほぼ同じで、上にも書いたように、最後にお茶をピンと伸ばす行程がないだけです。
 ですから、普通煎茶がクリクリと曲がった形をしているお茶、と思って頂ければ良いと思います。
 お茶をピンと伸ばす行程が無いということは、お茶の葉を無理矢理伸ばさないので、茶葉に負担をかけません。
 ですから、玉緑茶の味は、まろやかになります。

 釜炒り製玉緑茶は、殺青(生葉の青臭さや悪臭を除去する)方法が他のお茶と違います。
 普通のお茶は蒸して殺青しますが、釜炒り製玉緑茶は名前の通り、茶葉を釜で炒って殺青します。
 蒸し製と比べると、形は大きくカサカサした感じのお茶です。

 釜炒り玉緑茶は、主に九州で生産されていて、特に熊本県・佐賀県の生産量が多いです。