環境を考える
農家の視点から
長女(校内発表大会 中学一年)
 「農薬は身体に悪いから、あまり使ってない物を食べたい。」
 私が農薬についてに聞いてみると、友達はこう答えました。
 彼女のように、農薬がとても身体に悪いと思っている人はたくさんいると思います。
 それは、農薬が害虫を殺す役割を持っているので、人間の身体にもなんらかの悪い影響を与えると思っているからだと思います。
 私も、今までそう思っていました。

 ある日、家族で夕食を食べているとき、農業をやっている両親が、農薬について話していました。
 それは、6年程前から農薬を減らしてきたので、茶畑が荒れてきてしまった。
 「これからも農薬を減らしていくべきなのだろうか?」
 「どうすればいいのだろう?」
 という内容でした。
 そんな事を話していた父が、私に
 「農薬を使っていて美味しい食べ物と、農薬を使っていなくて、あまり美味しくない食べ物と、どっちの方がいい?」
 と言う質問をしてきました。
 私は、
 「農薬を使っていなくて、美味しいものが食べたい。」
 と答えました。
 その答えに、父はほほ笑みながら、
 「やっぱりそう思うだろうね、たぶん多くの人たちがそう思っていると思うよ。」
 と言いましたが、心の奥では思い悩んでいるようでした。
 こんな事がきっかけで、私は農薬について興味を持ち、環境について自分なりに考えてみることにしました。

 農薬は害虫防除のためや、殺菌のために使われます。
 病害虫を退治するわけですから、人の身体にもまったく害を与えないわけではありません。
 しかし父の話によると、このごろは人になるべく害を与えずに、害虫などだけを集中的に退治する農薬が開発されているそうです。
 それに、使う農薬は出荷されるまでの使用時期が厳しく決められているため、消費者は農作物に含まれているほんの少しの量の農薬しか身体に入ることはないのです。
 このほんの少しの農薬を気にしていたら、消費者のために美味しい農作物を作ろうと、農薬を使っている農家の人たちはどうなるのでしょうか?
 とても仕事にはならないと思います。

 農薬を使わずに美味しいものをたくさん作ることは、不可能ではないのかもしれませんが、とても大変なことなのです。
 それは、例えば気象条件によって毎年作物の生育が違ったり、害虫や病気の発生の仕方が違うため、農薬を使っていてもそれらを完全に防ぐことが出来ないからです。
 安定した収穫のためには、農薬の助けが不可欠なのです。
 それでもやはり農薬を使ったものは食べたくない、と思う人はいると思います。
 現に、無農薬のものしか食べていない人たちもいます。

 そこで私は、茶畑や野菜畑を自分の子供だったらと考えてみることにしました。
 自分の子供が高い熱を出して苦しんでいたら、私はきっとその子供に薬を与えて飲ませるでしょう。
 農作物も同じで、害虫で苦しんでいるときに、農薬をかけて、それを防いだりやわらげたりすることは、ごく普通の事なのだと思いました。
 みなさんはどう思いますか?

 ですが、農薬を使うことで環境ホルモンなどの問題がおこる可能性があるため、農薬を使うことがまったく悪くないわけでもありません。
 しかし、農薬を使うのをやめることは、現在ではとても大変なことなのです。

 もし、法律で農薬を使うことを禁止して、今日から全国で無農薬の農作物しか、食べられなくなってしまったら、どうなってしまうでしょうか?
 そうなるとたぶん農作物の生産量が減り、野菜の物価が上がったり、輸入品が増えてしまったりして、日本の農家の人達だけでなく、消費者も困ってしまうと思います。

 このことから、私は無農薬の農作物を食べたいと思うのは、自分の身体のことしか考えていなかったからではないかと思いました。

 確かに農薬が人の身体に与える影響は、まったく無いとは言い切れないようです。
 けれど農薬を使うことを一方的に反対してはいけないと思います。
 農家の人たちもその問題について考えて害虫の発生を観察し、出来るだけ必要以上の農薬を使わないように努力しているのです。
 私たちはこのことを理解し、この問題について真剣に考えていかなければいけないと思いました。

 今よく問題になる、環境汚染。
 農薬もその原因の一つとしてあげられています。
 しかし、私達が毎日乗っている車の排気ガスが空気を汚し、せんたくや食器洗い等に使っている合成洗剤は川の水を汚しています。
 川の汚れの50%以上を占めているのは、このような生活排水です。
 その他にも環境汚染は、私達の生活の中でたくさん起こっています。

 私たちは環境汚染の被害者という立場と共に、知らず知らず加害者の一人にもなっているとは言えないでしょうか?
 数十年後に、私達が安心して暮らせる環境を作っていくためには、私達は自分のことだけでなく、環境に関心を持ち、今どう生活していけば安心できる環境を作っていくことが出来るのかを、ともに考えて行動に移していかなければいけないと、私は思います。