小学生お茶教室
お茶の淹れ方教室
日本茶インストラクター:戸塚勇太
お茶の楽しみ方を、動画配信
 お茶の性質を知れば、美味しく淹れるのは簡単です。

 こんにちは
 戸塚勇太と申します。
 "お茶の淹れ方教室"にお付き合い頂き、ありがとうございます。
 私は静岡県牧之原市で、お茶の栽培から製造・販売までを行っています。
 よろしくお願いいたします。





お茶の淹れ方 理論編

 お茶を淹れるには、大切なポイントが三つあります。

1.茶葉とお湯の量のバランス
2.お湯の温度
3.煎出時間


1つめは、茶葉とお湯の量のバランスです。
 このバランスは、淹れるお茶の種類によって違います。
2つめは、お茶によって淹れるお湯の温度が違います。
3つめは、淹れるお茶によって煎出時間が違います。

 この三つを、お茶の種類に合わせることが、お茶を美味しく淹れるポイントです。

 次に、お茶には味を決める三つの主成分があります。

1.カテキン:渋み
2.カフェイン:苦み
3.アミノ酸:旨み


1つめはカテキンで、渋みの成分です。
2つめはカフェインで、苦みの成分です。
3つめは、アミノ酸で旨みの成分です。
 この三つは、お湯の温度と煎出時間で煎出する量が違います。

 では、このグラフを見て下さい。
 これは、90℃のお湯でお茶を煎出したときに、煎出したお茶に含まれる主成分の量を表したものです。
 このグラフから判る様に、高温のお湯で煎出すると、どの主成分も短時間で多く煎出することが判ります。
90℃のお湯で、お茶を煎出した場合


 次に、このグラフを見て下さい。
 これは、60℃のお湯で煎出した場合です。
 カフェインとカテキンは、お湯の温度が低いと煎出しにくいことが判ります。
 それに対し、アミノ酸だけは低温のお湯で煎出しても、時間をかければ高温のお湯と同じように煎出することも判ります。
60℃のお湯で、お茶を煎出した場合
 



 では、次の図を見て下さい。
お湯の温度と煎出時間の関係

 先程の二つのグラフから解るように、高級な味重視のお茶ほど、低温のお湯で長時間かけて煎出すれば、美味しくなります。

 逆に、番茶・焙じ茶・玄米茶 等の香り重視のお茶は、高温のお湯でサッと煎出すれば、香り高いサッパリとしたお茶になります。
 これは、番茶・焙じ茶・玄米茶は、もともと成分が多く含まれていないからです。
 ですから、高温のお湯でも短時間でサッと淹れれば、苦くなったり渋くなったりする配はありません。

 渋いお茶が好き、あるいは眠気を覚ましたい、二日酔いを覚ましたい、等が目的でお茶を飲む場合は、成分が多く含まれた上級なお茶を、高温で長時間煎出すれば、カフェイン・カテキンをたくさん含んだ、苦み・渋みの強いお茶になるので良いと思います。

 逆に、低価格のお茶を低温でサッと淹れれば、お茶の成分は少なくなるので、味が薄く刺激の少ないお茶になります。
 こういったお茶は、幼児等が飲むのに良いと思います。
 夜飲む時も、この様な淹れ方をすれば眠気を妨げることはありません。


お茶の淹れ方 早見表

 お茶の種類別に、茶葉とお湯の量と温度、煎出時間を、表にしたものです。
 茶葉の量が同じなら、高級なお茶ほどお湯の量は少なく、温度は低く、煎出時間は長くします。

一人分 茶葉の量 湯の量 湯の温度 煎出時間
高級煎茶
玉露
被せ茶等
2~3g 50ml 50~60℃ 120~150秒

普通煎茶

2~3g 100ml 70℃ 60~90秒

深蒸し茶

2~3g 100ml 70℃ 30~45秒
下級煎茶
番茶・焙じ茶
玄米茶
2~3g 200ml 90℃~熱湯 15~30秒





"深蒸し茶"の淹れ方 実践編


 では、実際に"深蒸し茶"を淹れてみます。


準備するもの
 深蒸し茶、お湯、急須、湯飲み、計量スプーン
茶器


お湯
使用する水は、水道水を使う場合は沸騰状態を5分くらい続けて、カルキ臭を飛ばして下さい。
市販の水を使う場合は、軟水を使って下さい。



湯冷まし

 今から淹れる、"上級な深蒸し茶"は、熱いお湯では美味しく入りません。
 ですから、お湯を70℃位まで冷まします。
 では、湯冷ましとお湯の計量を兼ねて、湯呑みにお湯を取ります。
 この時、茶葉が急須の中でお湯を吸収するので、少し多めに取って下さい。

 お湯は、冷めた別の器に一回移すと温度が10℃位下がります。
 ポットに90℃のお湯が入っているとすると、これを湯呑みに移せば80℃くらいになります。
 もう一度移せば、70℃位になる計算です。
湯冷まし



注ぎきる
 そして、急須のお茶は注ぎきって下さい。
 最初に、お湯の量は計ってあるので、ぴったりと注ぎきることができます。急須にお湯を残しておくと、急須の中の茶葉が蒸れすぎて、二煎目を美味しく淹れることが出来ません。
最後の一滴まで注ぎきる



注ぎ終わった急須の蓋
 注ぎ終わったら、急須の蓋は外すかずらしておいて下さい。
 そうすれば、急須の中の茶葉が蒸れすぎないので、二煎目も美味しく飲めます。
蓋はずらすか外しておく 急須の中


二煎目
 一煎目よりも熱めのお湯を使って、短時間でサッと煎出して下さい。
 それが、二煎目以降を美味しいく淹れるコツです。


 最後までおつきあい頂き、ありがとうございました。


急須のお茶が、出ない?
急須のお茶が出てこなくなったら、急須の網が目詰まりしているかもしれません。
 網が目詰まりしていたら、急須から網を外して掃除をして下さい。
 網の掃除方法は、上のボタンをクリックして下さい。