牧之原大茶園の、始まりは?

知っていますか? 
牧之原大茶園は、明治初期に職を失った武士や大井川の川越職人達が、開墾したのが始まりです。


◆牧之原大茶園、とは?

 現在の牧之原台地は、一面が茶畑です。
 それは明治初期に、職を失った武士が刀を鍬に持ち替え、または大井川に橋が架かり必要のなくなった川越職人が、一大決心をして牧ノ原台地を開墾したのが始まりです。
 当時の牧ノ原台地は、荒廃していました。

 

◆なぜ、そこにお茶が植えられたのか?
 それは、牧之原台地には水が無かったからです。
 お茶は、水が無くても育つ作物なので植えられました。
 さらに、牧之原台地の土はお茶を育てるのに適した土壌でもありました。
 ですから、その後も牧之原台地には、茶の木が植えられました。
 
 やがて、明治六年に初めての茶摘みが行われました。
 しかし、当時は製茶機械などないので、摘みとった茶葉は手で揉みました。


◆輸出された、お茶
 その後、牧之原台地で作られたお茶は、海外へ輸出される様になりました。


 輸出用の茶箱には、こんなステッカーが貼られました。

 次第に輸出量が増えてくると、お茶を手で揉んでいたのでは間に合わなくなり、資産家が財を投じて製茶機械の開発に乗り出しました。
 しかし、当時の製茶機械は現代の製茶機械の様な優れた性能はなかったで、品質の高いお茶を作ることは出来ませんでした。
 ですから"手揉み茶"の方が、機械で製造したのお茶よりも評価が高かかったそうです。

 その後、機械で製造したお茶が増えてくると、粗悪茶が出回る様になり、日本茶の評判を落としてしまいました。

 その当時、品質の高い"手揉み茶"にこだわった先人への感謝の言葉を彫り込んだ石碑が、牧之原市の平田寺にあります。
 毎年4月8日の"花まつり"には、この石碑に"手揉み新茶"を献納し、"花まつり"に訪れた檀家の皆様に振る舞われます。




◆"手揉み茶"の流派
 時代が進むにつれて、手揉み茶の技術も進歩していきました。
 静岡県内の各茶産地では、それぞれの茶産地で育った茶葉に適した"手揉み茶技法"が考案されました。
 それは、手揉み茶の"流派"として今に伝えられています。
 (主な流派は、八流派です。)

◆牧之原台地に適した、揉み方とは?
 日の出から日没まで日が当たる牧之原台地で育つ茶葉は、日照時間が長いため肉厚となります。
 その茶葉を普通に製造すると、どうしても苦渋味が出てしまいます。
 その欠点を和らげるため、見た目よりも味を重視した"安楽揉み"という製茶技法が考案されました。

◆"安楽揉み"とは?
 普通よりも茶葉の蒸し時間を長くすると、お茶の葉が柔らかくなります。
 この柔らかくなった茶葉に、製茶の最終工程の"製揉"で力をかけると、お茶がこなれてしまいます。
 ですから、この"製揉"をあまりやらず、よれたまま仕上げる技法を"安楽揉み"と言います。
 この"安楽揉み"が、深蒸し茶製法の始まりといわれています。

 今では、"深蒸し急須"が普及したため、細かいお茶でも淹れるのに困ることはありません。ですから、現代では深蒸し茶ても製揉工程を行います。




◆現代のお茶作り
 現代は、茶園管理から製造まで機械化が進み、高品質なお茶を大量生産できる様になりました。

 しかし、良質の茶葉でも製造で失敗すれば粗悪なお茶になってしまいます。
 反対に、粗悪な茶葉から良質なお茶を作ることは出来ません。
 ですから、お茶の栽培は大切です。

 また、お茶の製造においては、茶師の感性が大切となります。
 現代の製茶機械は高性能ですが、機械に頼るだけでは、どうしても限界があります。

 例えば、製茶で一番最初の工程、"蒸し"です。
 蒸し時間を長くすれば、深蒸し茶になるのですが、実際はそう簡単なものではありません。
 通常は、各製茶工場の工場長が蒸し機の設定を決めますが、そのチョットした違いで出来てくるお茶は変わってきます。

 なかなか、自分の思う様なお茶を作れないのが現実ですが、お茶の製造は茶農家の腕の見せどころでもあります。

 ですから、新茶収穫は、茶農家にとって一年で最も楽しい農作業です。