かぶせ茶

我が家でも、二番茶では”かぶせ”をやります。
 "かぶせ茶"は、普通煎茶の品質を向上させる事が目的として作られるお茶で、玉露とやり方は違いますが被覆をします。
 玉露と違う点は、被覆をする期間が7~10日と短いことと、玉露と比べて遮光率が低い資材を使う点です。

 被覆方法は、資材を茶樹に直接被せます。
 また、玉露に近いお茶を作るために、遮光率を上げ、2~3週間被覆をする場合もあります。
 こうして少しでも被覆することによって、テアニンがカテキンに変化するのを抑制するので、普通煎茶に比べると、かぶせ茶は旨味の多いお茶になります。
 仕上がったお茶は濃い緑色です。
 玉露には劣りますが、かぶせ茶も高級茶といえます。

 飲み方は、玉露と同様に旨味を引き立たせるため、60℃前後のお湯で2~3分ほどかけて煎出します。