玉露
玉露茶園 玉露の茶樹
"玉露"は、収穫前の茶樹をこもで覆います。 こもでの中

 "玉露"は、普通のお茶とは栽培方法が違います。
 栽培方法の違いは、自然仕立て(茶樹の形を整えない)で、新芽が出てくる時に茶樹を被覆する点です。
 お茶の旨味成分であるテアニンは、光の影響を受けてカテキン(渋味成分)に変化しますが、被覆することで、この変化が抑制されます。
 ですから、玉露は旨味が多く、渋味の少ないお茶となります。

 お茶の新葉が、1~2枚開いた時に茶樹を被覆し、7~10日経過した時点でさらに遮光率を上げます。そして、光をさらに遮ります。
 そして、被覆を開始してから20日くらい経ったところで摘採します。
 製造方法は普通煎茶とほぼ同じですが、玉露の原葉は薄くて柔らかく、水分も普通の葉と比べ多くなります。
 ですから、玉露の生葉は細心の注意を払って扱わなければなりません。
 このように、玉露は手間暇かけて作られるお茶なので、とても上品な味となります。

 玉露の淹れ方は、旨味を充分に引き立たせ渋味を抑える為に、50~60℃に冷ましたお湯で2~3分かけて煎出します。
 玉露を煎出したお茶の水色は薄いのですが、味はとても濃厚です。