普通煎茶

高級普通煎茶
 "普通煎茶"は、"玉露"や"かぶせ茶"のように被覆をせず、太陽の光を充分に当てたお茶の葉を製造したものです。
 中でも、新茶収穫初期のミル芽(若くて柔らかい芽)を摘採して製造されたお茶は、テアニンも多く含まれていて、とても旨味のある美味しいお茶です。

 普通煎茶には階級があり、上級煎茶、中級煎茶、下級煎茶などと分類されます。
 これは生葉の摘採時期の違いで、旨味成分(テアニン)の多く含まれた摘採時期の早いお茶は上級であり、摘採時期が遅くテアニンがカテキンに変化し、旨味が少ないお茶を中級煎茶ということになります。
 下級煎茶は、摘採する季節そのものが違います。(秋に摘んだもの、等)

 普通煎茶は、上級なものは60~70℃のお湯で2分程度、中級煎茶は70~80℃位のお湯で1分程かけて淹れれば良いと思います。
 普通煎茶を抽出したお茶の色はあまり濃くありませんが、色の割に味は濃くなります。