深蒸し茶

"深蒸し茶"は、煎じの効くお茶です。


"深蒸し茶"と"普通煎茶"の違いは?

 お茶を製造する最初の工程である"蒸し"を、深蒸し茶の方が長い時間かけて蒸してあります。
 蒸し時間以外の製造方法は、深蒸し茶と普通煎茶は、ほぼ同じです。


 これは、手揉み茶の"蒸し"です

 そして、深蒸しに向いた茶葉を育てるのに適した地形があります。
 それは台地の様な、日の出から日没まで日が当たる日照時間の長い地域です。



日照時間が長い地域で育った茶葉は、肉厚になります。
 しかし、肉厚な茶葉を普通に蒸して製造すると、どうしても苦渋見が出てしまいます。
 その欠点を緩和するために考案された製法が、"深蒸し"です。

深蒸し茶に適した栽培方法。
 茶農家が自分で作ろうとするお茶の蒸し加減によって、茶樹の仕立て方は違ってきます。
 例えば、芽数型に仕立てた茶樹から収穫された茶葉は"普通煎茶"に向き、芽重型に仕立てた茶樹の茶葉は"深蒸し茶"に向きます。
 それは、芽重型に仕立てた茶樹の方が、茶葉が肉厚に育つからです。




お茶の製造で、蒸し時間の違いとは?
 普通煎茶は30~40秒ですが、深蒸し茶はその倍の60秒~80秒ほど蒸します。
 更に長く(180秒前後)蒸したお茶を"特蒸し茶"といいます。
 
我が家のお茶は、特蒸しです。

 蒸し時間を長くすればするほど、蒸した茶葉は柔らかくなります。
 その柔らかくなった茶葉を製造すると、出来上がったお茶も柔らかくなり、そして細かくなります。
 そのため、深蒸し茶は普通煎茶よりも煎じの効くお茶となります。

深蒸し茶の、煎出時間は?
 深蒸し茶は、普通煎茶よりも煎出時間を短くして下さい。
 上級な深蒸し茶なら60~70℃位のお湯で1分、並のもので70~80℃で30~45秒かけて煎出すれば良いと思います。
 深蒸し茶を煎出したお茶の水色は濃く、渋みが抑えられ、味はまろやかでコクがあります。

 二煎目は、少し熱めのお湯を使って、短時間でサッと出して下さい。
 10秒くらい?

 三煎目も、味は薄くなりますが、色は濃く出ます。

 四煎目も、飲めるかも?

 また、深蒸し茶は"水出し"で淹れるお茶に向いています。




牧之原大茶園の始まりは?

※牧之原台地で育つ茶葉は肉厚なので、"深蒸し茶"に向いています。