栄西禅師

 栄西禅師は、平安時代末期から鎌倉時代初期の僧侶で、建仁寺(京都最古の禅寺)を開山しました。
 中国から茶の種を持ち帰り、喫茶の習慣を日本に広めました。
 日本の茶文化は、奈良時代の遣唐使などにより中国から伝えられたと云われていますが、日本に茶の種が入ったのはもっと前かもしれません。

 平安時代、貴族・僧侶の間では既に喫茶の習慣がありました。
 ですから、栄西禅師が建仁寺を開山する前から日本には茶樹があり、上流社会では喫茶の習慣があったのです。
 しかし、中国から持ち帰った茶の種で栽培を奨励し、日本に喫茶の習慣を広めたのは栄西禅師です。