2015
12月26日:蕪の間引き
 蕪の、間引きをしました。
 蕪は、今日から独り立ちです。




12月25日:注文方法について
 今まで、メール形式でお茶の注文を受けていましたが、セキュリティの関係で注文専用ページ(今までの新店)からのみ、注文が出来るようにしました。
 ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。


12月24日:二度目の蕪
 一度目の蕪の収穫が終わり、二度目の蕪の種を播きました。
 順調に育っています。
 寒さのせいで、成長はゆっくりです。




11月26日:スイートポテト
 先日、新東名掛川パーキングエリアで買ってきた薩摩芋で、スイートポテトを作りました。
 珍しい品種名でしたが、名前を忘れてしまいました。




11月25日:リトルプリンス"星野王子様と私"
 美紀子と、映画を見に行きました。
 観客は、私達二人だけでした。
 初めての経験です。
 「大切なものは、眼に見えないんだよ。」が、心に残りました。




11月24日:幻想的な、富士
 今朝、牧之原台地から見える富士山は幻想的でした。
 晴れた富士山も綺麗だけど、こんな富士山もイイです。


 携帯で撮ったので、画質がいまいちでスミマセン。


11月17日:寸又峡の紅葉
 奥大井寸又峡へ紅葉を見に行きました。
 そろそろ終わりですが、まだ綺麗でした。
 温泉にも、浸かってきました。
 この吊り橋も、渡りました。




11月12日:蕪は、人気です。
 我が家の無人販売で、蕪のB品を販売します。
 毎年、人気です。




11月11日:手揉み茶技術 全国大会
 "手揉み茶技術競技 全国大会"が、静岡で開かれました。
 美紀子も出場しました。
 予選を勝ち抜いたメンバーの一人が、体調を壊したので代理出場です。、
 結果は、13位/26チームでした。




11月7日~:蕪の収穫
 蕪の収穫が、始まりました。
 予定より、数日早まりました。
 天候が、良かったからでしょうか?




10月26日~11月11日:私の作った肉じゃが
 相模原に住む娘の所に、リハビリを兼ねて行ってきました。
 夕食を作ったり、近くの公園を散歩したり、おかげでだいぶ良くなりました。、
 私の場合、料理することは頭を使うので良いリハビリとなります。
 下の写真は、私の作った、肉じゃが、蕪とキュウリの漬け物、わかめサラダ、です。




10月25日:しまだ大井川マラソン
 勇太が、"しまだ大井川マラソン"に出場し、完走しました。
 今年で、6年連続です。
 タイムは、4時間チョットでした。




10月23日:蕪らしく、なりました。
 9月21日に播いた蕪が、蕪らしくなってきました。
 ここからが、難しい。
 収穫するまで、巧く育ってくれれば良いのですが。




10月18日:練馬まつり
 練馬のとしま園で開催された"練馬まつり"で、お茶を販売しました。
 この日は入園無料になるので、入口前には開園前から多くの人が並びました。
 みんな、開門と同時に、お目当て目指して急ぎます。



我が家のブースです。



10月15日:順調です。
 9月21日に播いたカブが、順調に育っています。
 あと一ヶ月で、収穫できると思います。




10月11日:やはり、雨
 やはり、雨でした。
 明日は、あがりそうです。


10月10日:秋冬番茶収穫も、あと一日。
 今年の秋冬番茶収穫も、あと一日です。
 でも、明日の天気が心配です。




10月1日:師範に合格
 美紀子が受験した、"手揉み茶技術認定試験 師範"の、結果通知書が届きました。
 合格です。
 これからは、「後継者育成もしたい。」と、言っています。




9月26日:蕪の発芽
 蕪の種が発芽しました。
 一安心です。
 これから50日間、収穫するまで気が抜けません。




9月24日:秋冬番茶
 今年最後の収穫、秋冬番茶の刈り取りが始まりました。
 刈り取った生葉は、大手の茶工場で買い取って貰うので気が楽です。
 しかしこの作業は、来年の新芽が出る母枝を作る大切な作業でもあります。




9月23日:焼き栗
 近所の方に、栗を頂きました。
 今日は、焼き栗にして食べました。
 まだ、たくさんあるので、栗ご飯にでもしようか?




9月21日:静波海岸
 蕪畑は、静波海岸の近くにあります。
 天気が良くて暑かったので、サーファーが沢山いました。




9月21日:カブの種蒔き
 冬場の作物として栽培している、蕪の種を蒔きました。
 ビニールハウスの中は、まだ暑かったです。




9月15日:手揉み茶技術認定試験に挑戦
 美紀子が、"手揉み茶技術認定試験 師範"に、挑戦しました。
 私は、なんのアドバイスも出来ないので、
 「結果を恐れずに、一生懸命やりなさい。」
とだけ、伝えました。
 私のアドバイスが効いたのか? 
 美紀子は堂々とした態度で、無心にお茶を揉んでいました。
 結果が出るのは、だいぶ先です。


 これは、最初にやる蒸しの試験です。


9月14日:秋肥
 自家配合肥料を、施しています。
 茶樹は、夏の暑さで疲れていますが、涼しくなってきたし雨もあるので、この肥料で元気なってくれたらと思います。




9月12日:秋冷茶の手揉み
 昨日摘みとった秋芽を、揉みました。
 すべて手作業なので、一日がかりです。
 まだ、暑かったです。




9月11日:秋冷茶
 明日12日に、牧之原市手揉み茶保存会で、秋冷茶(秋の新芽)を揉みます。
 そのときに使う、秋芽を摘みました。



二人で、1㎏摘みました。



9月9日:遠州手揉み茶 交流会
 森町で開催された"手揉み茶交流会"へ、美紀子が参加しました。
 台風18号が東海地方に上陸するので心配しましたが、無事に開催されました。




9月2・3日:静岡県手揉み茶講習会in川根
 川根で二日間開催された、"静岡県手揉み茶講習会"へ、美紀子が参加しました。
 手揉み茶講習会では、指導官が言葉で丁寧に教えてくれますが、それよりも上級者の実演を見て、それを自分なりに解釈し、自分ならどうすれば良いのか考え、それを実際に何度もやってみる。
 ただ、真似するだけではダメです。
 それが、上達への近道です。
 上級者の技術を、盗むというわけです。
 お茶の手揉みは、頭では理解できたつもりでも、実際にやってみると難しいです。
 写真で、帽子に黄色いリボンをつけて見ているのが美紀子です。
 どれだけ、盗めたのか?




8月29日:自家配合肥料
 茶園へ施す、配合肥料を作りました。
 買えば楽なのですが、気に入った配合肥料がありません。
 自分で作れば、経費削減にもなります。




8月28日:埜庵のかき氷
 神奈川県鵠沼海岸駅近くのかき氷専門店"埜庵"で、かき氷を食べました。
 私は、かき氷はほとんど食べませんが、ここのかき氷だけは別です。
 私が、この前にかき氷を食べたのは数年前ですが、その時も"埜庵"でした。

 不思議?
 "埜庵"のかき氷は、食べても頭が痛くなりません。
 それに、"埜庵"は真冬でもかき氷専門です。




8月27日:イージス艦
 横須賀港で、軍港巡りをしてきました。
 この日は、アメリカ軍のイージス艦が数台寄港していました。
 珍しいそうです。




8月8日:お千代保稲荷
 愛知県津島市の津島神社と、岐阜県海津市にあるお千代保稲荷へ行ってきました。
 お千代保稲荷は、日本三大稲荷のひとつと言いますが、三大稲荷にはいろいろな説があるそうです。
 でも、参道には多くの人が居たし、私達がお昼を食べたお店にもお客さんがたくさん居ました。
 ウナギの蒲焼きと鯉の刺身は美味しかったです。
 鯉の刺身はもう少し臭みがあるかと思いましたが、全く感じませんでした。




8月2日:白井区納涼祭
 地元白井区の納涼祭が開催されました。
 オープニングは、"榛原太鼓保存会"の演奏です。
 迫力があり、聞き入ってしまいました。
 夜空に響く和太鼓の音は、なんとも言えません。



 盆踊りも、たくさんの方が踊っていました。
 田舎の行事は、のどかでイイなあ。




7月23日:台切り番収穫
 大きくなった茶の木は、新茶収穫を終えると茶の木の葉っぱが無くなるまで枝を切り落とす"台切り更新"を行います。
 全くお茶の葉が無くなった状態になっても、また葉が生長してきます。
 この葉も、揉めばお茶になります。
 我が家の茶工場は稼働しないので、知り合いの大きな茶工場へ持ち込みます。
 今年も1ヘクタールほどの茶園を台切り更新したので、今その収穫作業を行っています。
 日中は暑くなるので、体調管理には気をつけています。




7月10日:青空
 七月に入って雨ばかり、久しぶりに青空を見ました。
 こんなに雨が続いたのは、初めての経験です。
 農作業の遅れを取り戻さないと、



7月6日:小学生”お茶教室”
 認定農業者協議会主催の、"小学生お茶教室"が開かれました。
 勇太が、今年も講師を務めました。
 今回は、私の友達の息子も講師を務めました。
 勇太は、「後継者ができた。」と喜んでいました。




7月6日:今日も雨
 こんな天気が、一週間も続いています。
 農作業も予定通りにできないので、困っています。
 青空が、恋しい。




7月1日:今日は雨
 二番茶収穫も終わり、夏の茶園管理まっ最中です。
 今日は、雨。
 一息つけます。
 梅雨は、農作業の計画がたてにくいです。
 ですから、梅雨の晴れは貴重です。

6月7日:二番茶収穫、始まる。
 二番茶の収穫が、始まりました。
 新茶収穫後、45日経過した頃が二番茶収穫の適期といわれます。
 今日、収穫した畑がちょうど新茶収穫後45日でした。
 二番茶収穫は、新茶収穫と違って気は楽ですが、気を抜くと失敗するので油断大敵です。
 これから、二週間ほど続きます。
 でも、梅雨時なので天気しだいですが、




5月30・31日:横浜"秋じゃないけど収穫祭"
 横浜球場近くの日本大通りで開催されたイベント、"秋じゃないけど収穫祭"に出展してきました。
 今年で7年目ですが、いつも楽しいです。



6月1日:湯飲み茶碗
 下の写真は、その時に使った湯飲み茶碗です。
 800個以上あるのですが、これでは足りません。
 ですから、私は会場近くの水場を借りて、一日中洗っていました。
 家で、再度洗ってから煮沸消毒します。





5月6日:新茶収穫最終日
 4月21日に始まった新茶収穫も、最終日を迎えました。
 今年は雨がなく、新茶収穫期間中一日も休みがありませんでした。
 そのため、家族は睡眠不足でお疲れ気味です。
 でも、事故もなく無事に新茶収穫を終えることができたので、ホッとしています。

 明日からは、お茶の再製加工に入ります。
 再製加工が終われば、定番商品を販売することができます。
 新茶のご注文を頂いている皆様へ、
 再製加工が終わりましたら、ご注文を頂いた順に発送して参ります。
 今しばらくお待ち下さい。

 最終日ともなると、大量の茶埃が溜まっています。





4月27日:新茶収穫、順調です。
 我が家の新茶収穫は、4月21日から始まり順調に進んでいます。
 "初摘み新茶"の再生加工もおわり、無事に発売できました。
 明日が新茶収穫の折り返し点なので、これから後半戦です。
 この調子で頑張りたいと思います。
 
 しかし、雨がなくて休みがとれません。
 チョット、疲れが出てきました。

 お手伝いに来てくれている方にも、感謝です。




4月24日:新茶収穫、始まっています。
 4月21日から、我が家の新茶収穫が始まっています。
 まだ最盛期ではありませんが、新茶収穫の最初はとても気をつかいます。
 さて、今年の新茶収穫は、どのような展開になるでしょうか?




4月18日:手揉み茶用 新芽摘み
 牧之原市手揉み茶保存会で使う、新芽の摘み取りを行いました。
 摘み取った新芽は蒸して、冷凍保存します。
 冷凍保存した新芽は、"小学生手揉み茶体験"や催事の"手揉み茶実演"等で使います。




4月17日:新芽の天麩羅
 夕食に、"お茶の新芽の天麩羅"が並びました。
 この時期の、楽しみです。
 ほろ苦いけれど、美味しいです。




4月16日:茶業研究会で、品評会出品茶を製造
 茶業研究会で、品評会出品茶を製造しました。
 我が家の茶園の葉を使ってくれたので、会員のみんなが摘みに来てくれました。




4月6日:手揉み新茶
 牧之原市手揉み茶保存会で、手揉み新茶を揉みました。
 手揉み茶保存会会員の方のご厚意で、ハウス栽培の新芽を摘ませて頂きます。
 写真は、美紀子が新芽を蒸しているところです。



写真は、お茶を揉んでいるところです。
これから仕上がるまでに、5時間ほどかかります。




3月30日:桜、満開
 勝間田川堤の桜が、満開です。




3月25日:芽出し肥料
 お茶の新芽が、順調に育っています。
 あと一ヶ月すれば、新茶収穫の季節です。
 写真の遠くに霞んで見えるのは、富士山です。




2月22日:石雲院でお茶カフェ
 静岡空港近くの石雲院で、"お茶カフェ大集合"が開催されました。
 美紀子も、手揉み茶保存会で参加しました。
 お客様は、参加費500円でお好きなスイーツが三個付で、お茶は好きなだけお茶を飲むことが出来ます。
 いろいろなお茶カフェがあります。
 あいにくのお天気でしたが、たくさんのお客様が来てくれたそうです。




2月21日:早場所の施肥
 新茶収穫予定の早い茶園から、肥料をやり始めました。
 茶畑のある場所や茶園の管理方法で、新茶収穫をする順番はだいたい決まっています。




2月19日:日帰り温泉
 時間が出来たので家内と一緒に日帰り温泉に行ってきました。
 今日は空いていて、お風呂もゆっくり入れました。
 休憩室も静かで、昼寝や読書が出来ました。
 ちょっと、得した気分です。




2月16日:農業センサス
 農林水産省では、農林業農山村の現状と変化を的確に捉え、きめ細かな農林行政を推進するために、5年ごとに農林業を営んでいるすべての農家と林家や法人を対象に、 調査しています。

 この、"農業センサス"の調査員に、勇太が任命されました。
 調査票の回収が終わり、本日市役所へ提出しました。
 調査員は、数十件の農家を訪問し、記入方法を説明しながら調査票を配ります。
 そして、その調査票を回収し、市役所に提出すれば終わりです。
 でも、記入がいい加減だったりすると、やり直しです。
 勇太も、ホッとしていると思います。
 やり直しがなければ良いのですが。




2月15日:静波海岸
 静波海岸
 今は人影もまばらですが、夏は県下屈指の海水浴場となります。
 静波海岸まで、散歩して来ました。
 我が家からの距離は、4㎞位だと思います。




2月13日:戸塚坂
 この坂は"戸塚坂"といいますが、我が家(戸塚家)とは関係ありません。
 距離にして1㎞くらいの坂で、登り切ると、そこは一面が茶畑(牧之原台地)です。
 そして、運が良ければ富士山が見られます。



 戸塚坂を登りきると牧之原台地が広がり、富士山が見えます。
 しかし、お天気が良くても霞んで見えない時もあります。




1月29日:製茶業協議会研修旅行
 製茶業協議会研修旅行へ美紀子が参加しました。
行き先は、豊川稲荷と西尾抹茶メーカーで、帰りには岡崎城へも寄りました。




1月26日:自家配合肥料
 今年最初に施す肥料を、配合しました。
 材料にこだわった特別な肥料とは言えませんが、自分で配合すれば経費削減になります。




1月15日:小学生"手揉み茶体験教室"
 毎年開かれている小学三年生対象の"手揉み茶体験教室"が、今年も開かれました。
 美紀子は、毎年参加しています。




1月5日:牧之原市 新春初顔合わせ会
 "牧之原市新春初顔合わせ会"が、開催されました。
 美紀子は、"手揉み茶保存会"で、お茶の接待に出ました。
 本格的に、2015年が動き始めた気がします。