2009
12月20日:青空市場in秋葉原
 青空市場が、"ベルサール秋葉原"で開催されました。
 初めての会場でチョット緊張感があり、新鮮な気持ちで出店する事が出来ました。
 会場前には、メイド服のコスチュームを着たお嬢さん達がいて、我が家のお茶を飲んでくれました。
 若い方がお茶を飲んでくれると、何となく嬉しくなります。



12月10日:健康診断
 牧之原市の特定健康診断を、夫婦揃って受けました。
 一年前の検診結果と比べたら、二人ともウエストが8センチも減っていました。
 体重も、私が10㎏、美紀子が4㎏ほど減っていました。
 これからも食生活は、気をつけたいと思います。


12月6日:岐阜聖徳学園大学祭
 12月5・6日と、明日香の通う岐阜聖徳学園大学祭が開催され、美紀子と二人で行ってきました。
 若い学生達はとても元気があって、チョット刺激になりました。
 模擬店のコロッケ屋さんで、看板と一緒に記念撮影です。
岐阜聖徳学園祭


12月3日:茶業経営モデル工場研究会、プロジェクト課題発表
 私と勇太が所属している、"茶業経営モデル工場研究会"が、地元の茶業関係者を招いて、自分達が日頃研究している課題を発表しました。
 勇太は、"各品種の減肥試験"、私が、"アンケートを利用しての、新規顧客獲得方法"と題して発表しました。
 会場は満員で、みんな最後まで熱心に聞いてくれました。
 この様に自分達の取り組みを発表させて頂けると、私達自身の勉強にもなります。
茶業経営モデル工場研究会:プロジェクト発表会


11月26日:女性交流会で、美紀子が講演?
 牧之原市認定農業者協議会主催の女性交流会が開かれました。
 そこで、美紀子が自分の体験談を話しました。
 初めての経験ですが、無事話す事が出来たようです。
認定農業者協議会女性交流会で、美紀子が講演


11月21日:浜名湖立体花博
 "浜松モザイカルチャー世界博2009"へ、行ってきました。
 朝9時の開場から夕方6時まで、一日ゆっくりと作品を見て来ました。
 場内では、井上あずみさんのコンサートも開催されていて、一番前で見る事が出来ました。
 生の歌声はもちろん良かったけれで、読み聞かせが楽しかったです。
 また、隣接する動物園へ行くと、虎やライオンが珍しく元気に動いていました。
 そして、シルクロード展が開催されていて、紀元前2500年の壺などが展示されていました。
 物産展も開催されていて、そこでも色々な人達と触れあう事ができて、楽しい一日でした。
浜松モザイカルチャー
こんな作品もありました。

モザイカルチャー大作
カナダモントリオール市の最高栄誉賞"木を植えた男"は、とても雄大な作品でした。

モザイカルチャー赤富士
静岡県の、"紅雲の雪景富士"は、綺麗でした。


11月11日:カブの収穫
 我が家では、この時期に勇太がカブを作っています。
 現在、収穫の真っ最中です。
 今月末まで続きます。
カブを洗う


11月9日:伊勢エビの味噌汁
 今朝の朝食はとても贅沢です。
 昨日、徳島県の"伊座利の未来を考える推進協議会"さんから頂いた伊勢エビの味噌汁です。
 こんな贅沢な味噌汁を頂くのは、初めてです。
 美味しかった。
伊勢エビの味噌汁


11月8日:青空市場
 今回は、お隣に徳島県の"伊座利の未来を考える推進協議会"さんが出展して、ここの方がとても親しみやすい方達でした。
 帰り際には、伊座利の大きな伊勢エビを頂き、家族みんなで大喜びしました。
 また、湯飲み茶碗を洗う炊事場では、鹿児島県茶生産者組合の方と一緒になり、こちらでも様々な情報交換が出来ました。
 青空市場は、消費者の皆様と触れあうのも楽しいですが、出展者同士の出会いにも喜びがあります。
東京国際フォーラム・青空市場
"青空市場"開店前は、近所の出展者との情報交換の場です。


10月31日~11月1日:'09秋の収穫祭in横浜
 横浜スタジアム近くの日本大通りなどで、"'09 秋の収穫祭"が開催され、我が家も出店しました。
 横浜でのイベント出店は久しぶりですが、本当にたくさんの消費者の皆様と触れあうことが出来ました。
 また、横浜には通販のお客様もたくさんいて、会いに来てくれた人がいました。
 本当にありがとうございました。
'09 秋の収穫祭にて

'09 秋の収穫祭にて 横浜


10月23日:梅ヶ島の紅葉
 梅ヶ島の紅葉を見るため、夫婦でドライブに出ました。
 温泉街付近はまだ早かったのですが、そこから山を登って標高が高くなるにつれて、様々な木が綺麗に色づいていました。
 まだ、紅葉シーズンにはチョット早いのか、あまり人もいなくて、私達のためだけに木々が色づいている、そんな贅沢な気持ちになれました。
 「こんなに綺麗な紅葉を見るのは、初めてだね。」
と、夫婦で話しながら、梅ヶ島の紅葉を見て来ました。
 帰りには黄金温泉へ立ち寄り、身も心も洗われる様な一日でした。
梅ヶ島紅葉

梅ヶ島紅葉

梅ヶ島紅葉

梅ヶ島紅葉

梅ヶ島紅葉


10月11日:青空市場
 東京国際フォーラムで第2日曜日に定期開催されている、"青空市場"へ出店しました。
 今回は、岐阜の大学に通っている娘を呼び寄せて、家族四人でやりました。
 娘が茶娘になり、私達夫婦は野良着ファッションに地下足袋姿、勇太(長男)は日本茶インストラクタースタイルで挑戦しました。
 そのおかげか、よく売れました。
永島さんと記念撮影
 来月の青空市場は、11月8日に開催されます。
 10月31日/11月1日は、横浜スタジアム近くの日本大通りで開催される"'09秋の収穫祭"へ出店します。
 お近くの方、ぜひ遊びに来て下さい。


9月17日:美紀子が、手揉み茶技術教師に挑戦。
 美紀子が、"静岡県手揉み茶技術試験 教師"に、挑戦しました。
 試験官の鋭い視線の中でお茶を揉むのは緊張しますが、やり終えたときの達成感はやった者にしか解らないと思います。
 結果が出るのは大分先ですが、楽しみです。
試験官が見つめる中で、蒸しの試験
 蒸しの試験

手揉み試験が終わってホッ
 試験を終えて、ホッ。


9月13日:青空市場
 青空市葉へ、出店しました。
 私の兄は胡蝶蘭(アマビリス)を栽培する農家です。
 今回は、兄が栽培したアマビリスにも一役買って貰いました。
 単鉢を販売したら、興味のある方が多くて意外と売れました。
胡蝶蘭アマビリス&お茶


8月28~30日:お茶仲間で南九州旅行
 白井荒茶研究会の仲間で、南九州旅行へ行きました。
 FDA(富士ドリームエアラインズ)で、富士山静岡空港から鹿児島空港へひとっ飛び、約1時間半で着きました。
 FDAの客室乗務員はとても親しみやすく、私達の世間話に付き合ってくれるし、一緒に写真も撮ってくれました。
 76人乗りという小さな飛行機ですが、こんな飛行機だったらまた乗りたいと思います。
 友達は、
 「FDAのファンになってしまった。」
と、言っていました。
 本当に楽しい旅行でした。
富士ドリームエアラインズ


5月15日:新茶発売
 5月4日に新茶収穫が終わり、その後は茶園管理をしながら商品を作りました。
 全商品が揃いました。
我が家のお茶


5月10日:青空市場
 東京国際フォーラム屋外広場で開催された"青空市場"へ、摘みたて新茶を持って出店しました。
 前日の9日まで新茶の再製加工をしていて、なんとか間に合いました。
 新茶の無料接待では、本当に多くの方が飲んでくれて、淹れるのが間に合わないほど盛況でした。
 本当にありがとうございました。
青空市場にて新茶接待
 新茶の無料接待


4月19日:新茶収穫
 新茶収穫が始まりました。
 これからしばらく、茶農家にとって一番忙しい季節です。
お茶刈り 
 茶刈りの様子

蒸し機
 蒸し機

茶工場の様子 
 茶工場の様子


4月12日:青空市場
 東京国際フォーラム広場で開催された"青空市場"へ出店しました。
 朝方は少し冷えましたが、日中はお天気も良く暖かな一日となりました。
 そのためか、1200個持って行った試飲用紙コップが足りなくなって困るほどでした。
 また、以前我が家のお茶を購入してくれた方が声を掛けてくれる事が多くなってきました。
 嬉しく思います。
青空市場へ4月12日に出展


4月7日:新茶、手揉み会
 手揉み茶保存会で、 "新茶手揉み会"が、行われました。
 会員の方のハウス茶園で育てられた新芽を摘ませて頂き、手揉み道場へ持ち込んで手揉み新茶に仕上げました。
 ハウスで育てられた新芽の、摘み取り作業です。
新芽の手摘み

 まず、蒸します。
蒸し
 
 蒸された茶葉は、すぐに揉み始めます。
葉振い

 手揉み新茶の、献茶式です。
献茶式


4月3日:淡墨桜
 岐阜県本巣市にある"淡墨桜"を、家内と娘の三人で見て来ました。
 平日なのに、一時間ほど渋滞してしまいました。
渋滞


 樹齢1500年以上という"淡墨桜"の幹から、その歴史を感じます。
樹齢1500年以上


 帰りには淡墨温泉に、寄りました。


3月12~20日:美紀子、イタリアへ行く。
 美紀子が、イタリア ルッカのコンピトという小さな田舎町で開かれた、"ルッカ椿博覧会"で手揉み茶の実演をしました。

 ルッカ椿博覧会
 3月12~20日の日程で、日本茶輸出組合がお茶の普及とお茶文化伝承の為に、この椿博覧会に、静岡県茶手揉保存会と共に参加します。
 それに、美紀子が参加させて頂くことが出来ました。

様々な椿
 この椿博覧会には、ドイツなどからも愛好家が訪れ、樹齢200年にもなる椿の木や、珍しい椿を見て回ります。
 お茶は椿科なので、お茶の木も植えられていました。

抹茶お手前
 椿博覧会で、美紀子達は日本から冷凍保存した茶葉を持って行き、会場で手揉み茶の実演を行いました。
 また、日本茶輸出組合の方が煎茶のお手前を、現地日本人の方が抹茶のお手前を披露しました。

コンピトの町
 椿博覧会が開催されたコンピトという村は、緑に囲まれた小さな田舎町です。
 とても、のどかです。
 時おり時を伝える教会の鐘が響き渡たる中、私達はお茶の手揉みを気持ちよく行うことが出来ました。

お茶の手揉み実演をイタリアで
 美紀子達がお茶を揉んでいると、焙炉(ホイロというお茶を揉む台)の周りには、たくさんの人が集まり、興味深く見ていました。
 また、質問をして下さるイタリア人の方も居て、スタッフがイタリア語で説明してくれました。
 残念ながら、美紀子はイタリア語を話せませんが、手揉み茶の実演を通して外国の人達と身近に触れあう事ができ、日本で行う実演とは違った経験ができました。

茶の文化紹介
 日本から遠く離れた風情あるイタリアの田舎町で、美紀子は改めて日本の茶文化を見直すことが出来たました。
 イタリア人で日本茶の大好きな方が、
 「手揉み茶は、味わい深くてとても美味しい。」
と、言ってくれました。
 外国にも日本茶の良さの判ってくれる人が居ることを知り、そんな方は"手揉み茶"の良さもちゃんと理解してくれるんだなと思いました。

 
 椿博覧会開中、美紀子達はアグリツーリズムという農業を体験できる施設に宿泊し、自分達で現地のお店へ食材の買いに行き、朝食だけは自炊しました。
 この様な経験は、美紀子にとって楽しい思い出となりました。
 そして椿博覧会が終了した次の日に、後片付けをしたあとコンピトから比較的近いフィレンツェを半日だけ観光しました。

リッキーさんのご招待
 その次の日は、コンピトから300㎞以上離れた、サンジネイジオ市長の友人であるリッキーさんが、自宅に招待してくれました。
 リッキーさんのお宅はイタリアの古民家ですが、内装を和風に改装してあり茶室等もありました。

和風な室内 木のお風呂
 その日はリッキーさんのお宅に泊めて頂き、日本風の木のお風呂に入浴し、畳の部屋に泊まらせて頂きました。
 私はイタリアに来て畳の部屋に寝たり、日本風のお風呂に入れるなんて思っていませんでした。
 これは、なかなか経験できる事ではありませんね。

茶会の様子
 翌日、リッキーさんが自宅の茶室でお茶会を開いてくれて、リッキーさんのお友達と同行した輸出組合の女性三人は着物に着替えて参加しました。


 イタリア最後の晩は、帰国に都合のよいフィレンツェに入り、イタリアレストランで最後の夕食を楽しみました。
 今回のイタリア行きは、普通の旅行では経験できない事をたくさん経験できて本当に楽しく有意義に過ごすことができました。
 そして、今後も手揉み茶技術が上達するように頑張りたいと思います。
 と、美紀子は言っていました。

フィレンツェ中央郵便局にて
 私は、記念切手を集めるのが趣味です。
 フィレンツェ中央郵便局へ行き、言葉が通じず時間もなかったのですが、なんとか記念切手を買うことが出来ました。


2月23日:ハウス大根の収穫始まる
 我が家では、冬場の作物としてハウス大根を作っています。
 昨年の11月に大根の種を播いて、収穫期を迎えました。
 今年は暖かかったせいか、大根の成長も早くて大きな大根になりました。
 大きなものだと、一本で2㎏位あると思います。
 このハウス大根の収穫は、3月20日頃まで続き、その後は本格的な新茶収穫の準備に入ります。


2月8日青空市場
 2009年最初の"青空市場"が東京国際フォーラムで開催されました。
 当日は風が強く寒い一日となり、コートを脱ぐことができませんでした。
 それでも、たくさんの消費者の方が訪れてくれて、ワザワザ電車に乗って我が家のお茶を目当てに来てくれる人もいました。
 とても嬉しく思いました。
青空市場2月8日


1月30・31日:全国お茶サミット静岡大会in牧之原
 "全国お茶サミット"が、牧之原市で開催されました。
 今年の6月に開港予定の、富士山静岡空港近くにある石雲院に、全国の茶産地から市町村長が集結して、茶業界の将来について話し合われました。
 また、牧之原市役所 榛原庁舎では、"お茶祭り"が開催され、私達家族も、手揉み茶の実演、子供等茶会スタッフ、茶業経営モデル工場ブースと、いろいろな形で参加させて頂きました。
石雲院
サミット会場となった石雲院は、六月開港予定の静岡空港近くにあります。

お茶サービス
サミット会場、石雲院での手揉み茶サービスには、美紀子(左端)も参加しました。

こども闘茶会
"子供等茶会"では、雅睦が注ぎ手、勇太が採点係を務めました。

手揉み茶実演
"手揉み茶実演"へは、家族三人とも参加しました。

モデル工場ブース
茶業経営モデル工場研究会では、雅睦が所属するマーケティングチームがブース企画して出展しました。勇太も呈茶スタッフとして参加しました。


1月17日:大相撲初場所観戦
 美紀子と一緒に、両国国技館で行われている大相撲初場所を見に行きました。
 二人とも、生で大相撲を見るのは初めてで、二階のイス席とはいえ国技館の雰囲気と大相撲の熱気は充分に感じる事が出来ました。
 国技館の中は、ちゃんこ鍋を食べさせてくれたり、相撲博物館があったり、お相撲さんが居たりで、とても楽しいところでした。
 私達は琴光喜弁当と高見盛弁当に缶ビールとお茶を買って席に着き、食べならが相撲観戦しました。
大相撲観戦


1月16日:農業者大学校 同級会
 上野で、農業者大学校時代の同級会が行われました。
 四年に一度のペースで同級会は開かれているので、顔を合わせるのは久しぶりです。
 でも、学生時代は寮生活だった為か、すぐに昔のように打ち解けて話す事ができます。
 何年経っても、友達は良いものです。
 今回は美紀子も一緒に来て、本田健さんの講演会を聞きに行っていました。


1月3日:手揉み茶の初揉み
 手揉み茶の初揉みを、我が家の焙炉で行いました。
 茶葉は、昨年の一番茶を蒸して冷凍保存しておいたものを使いました。
 冬休みで家に帰っていた娘も一緒にやったので、とても楽しい雰囲気で揉む事が出来ました。
家で初揉み