番茶 焙じ茶 玄米茶
画像提供:社団法人・静岡県茶業会議所
番茶
番茶
焙じ茶
焙じ茶
玄米茶
玄米茶

・"番茶"は秋になって、もう伸びなくなった芽を摘採し製造したお茶です。
 一番茶や二番茶のように、アミノ酸 カテキンなどの成分をあまり含んでいません。
 仕上がった番茶は形はとても大きくガサガサとした感じで、一番茶などと比べるとハッキリと違いが解ります。
・"焙じ茶"は、番茶を褐色になるまで焙煎したもので、香ばしい香りがします。
・"玄米茶"は、番茶と玄米を炒って、ほぼ同量ずつ混ぜたものです。
 このお茶も、香ばしい香りがします。

番茶・焙じ茶・玄米茶は、味よりも香りを楽しんだり、食後に口の中をサッパリとさせる為に飲むお茶です。
ですから、熱湯を使って短時間でサッと煎出するのがコツです。
茶葉を入れた急須に、熱いお湯(90℃位)を注ぎます。
煎出する時間は、10~15秒位で良いと思います。
味はとてもサッパリとしていて、香ばしい香りがします。
この香りが、番茶・焙じ茶・玄米茶の特徴といえます。