戸塚家の歴史
S32:美紀子の出生
 戸塚家初代の仁平(明治35年生)とふさ(大正2年生)は、子宝に恵まれませんでした。
 そこで、美紀子の母親である 美惠子を養子に迎え、美惠子が甚蔵を婿に迎えました。
 ここに、戸塚家の二代目が無事に誕生しました。
 二代目には、三人の女子が生まれました。
 その長女が、美紀子です。

S57:美紀子が、雅睦を婿に迎えました。
雅睦と美紀子の結婚
 私達の婚礼写真が、芥川賞小説"共喰い"の映画化で、採用されました。
 美紀子の顔は、母親役の田中裕子さんに変わっていました。


S58:私達に、男子が誕生しました。
   勇太です。
勇太のジャガイモ掘り
 勇太は、小さい頃から畑に着い来ては、私達の真似をしていました。

勇太と敷き草
 茶畑で、よく遊びました。


H3:私は、勤めを辞めて、農業に専従しました。


H5
:"JA青年の主張 静岡県大会"で、県知事賞を受賞しました。
JA青年の主張・静岡県知事賞


H9:NHKテレビ中部ブロック、"ナビゲーション97"で、私の取り組みが放映されました。


H10:NHKラジオ、"土曜ジャーナル 今夜はお茶でサイエンス"でも、放送されました。


H10:農林水産省主催、"環境に優しい、お茶造りシンポジウム"で、体験談を発表しました。


H11:石灰窒素便りに、体験談が掲載されました。
   そして、人生初の原稿料を頂きました。


H11:私が所属するグループが、"青年農業者グループ活動コンクール"で、内閣総理大臣賞を受賞しました。
内閣総理大臣賞


H11:ホームページ、"大茶園の小さな農家"を、公開しました。


H11:"茶ちゃちゃ通信"を、創刊しました。
  最初の発行部数は、70部程でした。


H13:"無農薬茶栽培"に、挑戦しました。
  13年間取り組みましたが、平成26年に断念しました。
無農薬茶園



H14:初めての、イベント出店。
  会場は、埼玉県の川口オートレース場でした。


H14:勇太が、"茶業研究所"に、研修生として入所しました。


H15:勇太が、"危険物乙種第4類取扱者"を、取得しました。


H15:勇太が、"毒物劇物取扱者"を、取得しました。


H15:勇太が、"日本茶インストラクター"試験に、合格しました。勇太の日本茶インストラクター認定書


H16:勇太が、"全国手揉み茶技術 教師補"を、取得しました。


H16~:"小学生 手揉み茶体験"に、参加します。
小学校・手揉み茶体験


H16:品種茶 "さえみどり"を、定植しました。


H16:勇太が、"グリーンツーリズム エスコーター"に、認定されました。


H16:雅睦が、"大井川生き生きフォーラム"で、産直販売への取り組みを発表しました。


H16:夫婦で一緒に、"経営創造塾"を、受講しました。


H16:雅睦が、プロジェクト発表会で、"信頼関係を築くマーケティング"と題して、取り組みを発表しました。


H17:我が家の茶園が、"皇室献上茶園"に指定されました。
皇室献上茶園にて


H17~:勇太が、"お茶の淹れ方教室"の講師を務めました。
 "小学校お茶教室"をはじめ、市役所や介護施設の職員、または"JA青年部員と未婚女性の交流会" 等で、やりました。


H17:美紀子が、"静岡県手揉み茶技術 教師補"を、取得しました。


H17:我が家でも、"家族経営協定"を締結し、家族の役割分担を明確にしました。


H18:美紀子が、"皇室献上茶 手揉み奉仕者"を、務めました。皇室献上茶、手摘み奉仕者
 皇室献上茶園の、新芽摘み。


皇室献上茶、精鋭の手揉み奉仕者
 県内の"手揉み茶保存会"から集結した、手揉み奉仕者。



皇室献上茶を揉む美紀子
 右が、美紀子です。


手揉みの技術
 手揉み奉仕者は、お互いの技を競います。


葉振い
 茶の葉が宙を舞う、"葉ぶるい"。


皇室献上茶の出来映えへは?
 揉み上げた"手揉み茶"を、検討。


H18:雅睦が、献上茶を宮内庁と東宮御所へ、送達に行きました。皇室献上茶の送達


H19:勇太が、"静岡県手揉み茶技術 教師補"を取得しました。


H19:夫婦一緒に、"マーケティング講座"を受講しました。


H20:勇太が、JA青年の主張 静岡県大会で発表しました。
  タイトルは、"心のキャッチボール"です。


H20:雅睦が、"静岡県手揉み茶技術 教師補"を取得しました。手揉み茶試験


H21:美紀子が、イタリアへ"手揉み茶実演"に行きました。
  観光は出来ませんでしたが、みんなで自炊もして楽しかった様です。
野立て

様々な椿と美紀子

ルッカ椿博覧会


H21:美紀子が、女性研修会で"産直販売体験談"を発表しました。
女性研修会


H21:乗用型摘採機を、導入しました。乗用摘採機ごろう


H22:勇太が、"静岡県手揉み茶資格 教師"を取得しました。


H22:家族三人でチーム編成し、"茶手揉み技術競技会"へ出場しました。
  結果は、27チーム中14位でした。
家族で手揉み茶競技揉み大会出場


H22:勇太が、家の倉庫で"無料お茶カフェ"を開きました。
  近所の方や通りがかりの方が、寄ってくれました。
家の倉庫で「お茶の無料カフェ」開店



H23:勇太が、"小学生お茶教室"の講師を務めています。
  受講する子供達が年々増え、下の写真の様な教室を一日に数回開きます。小学生「お茶教室」で、勇太がメイン講師


H23:雅睦が、"手揉み茶技術 教師"を取得しました。雅睦が手揉み茶技術「教師」試験に合格


H23:"しずてつストア"で、店頭販売をしました。しずてつストア店頭販売:千代田店


H24・25:静岡園芸市で、"新茶の無料接待"を行いました。東静岡駅前広場で「無料お茶カフェ」開店


H24:"大道芸W杯"会場で、お茶を販売しました。
 お茶はあまり売れませんでしたが、大道芸は素晴らしかったです。
 家族で、はまりました。
 次の年からは、お茶の販売はしないで大道芸は見に行っています。
大道芸ワールドカップ2012in静岡


H24:勇太が、"郵便年賀Web広告"に採用されました。
  47都道府県から、一人または一組が採用されたそうです。
「郵便年賀.jp」Web広告に勇太が登場


H25:雅睦が、認定農業者協議会総会後の研修会で、"ネット販売への取り組み"を発表しました。


H25:私達の婚礼写真が、芥川賞小説"共喰い"の映画化で採用されました。
  このページの一番上にある写真が、そうです。  


H25:勇太は、"しまだ大井川マラソン"を走ります。
 この年のタイムは、ちょうど4時間くらいでした。


H26:戸塚家の、大ピンチです!!
 雅睦が、脳梗塞で倒れて新茶収穫期も入院していました。
 友人・知人が助けてくれたので、なんとか乗り切れました。


H26:美紀子が、乗用型摘採機デビューしました。



H27:美紀子が、"手揉み茶技術認定試験 師範"に合格しました。
  「これからは、後継者育成も心がけたい。」と、言っています。



H27:雅睦は、脳梗塞の発病から一年経ちました。
 リハビリが順調です。
 少しずつ、農作業も出来るようになりました。
 道なかばですが、あきらめなくて良かったです。
 雅睦が、作った食事です。
 

H27:勇太の、蕪栽培が大成功しました。
 蕪を作り始めて、何年経つでしょうか?
 大きくて肌の綺麗な蕪にするのは、難しいです。
 大失敗した年もありますが、勇太は蕪栽培のコツを掴んだようです。
 この年は、販売先のスーパーが1玉あたり五円高で買ってくれました。
 たかが、五円ではありません。
 スーパーのバイヤーが、「これで、いいんだよ。」と、無言で言っている気がします。


 H28:雅睦が、"漫画でわかるシリーズ"にハマる。
 リハビリで読み始めたのですが、昔から伝わる知恵にはとても役に立つことが多いです。
 「Dカーネギーの人を動かす・道は開ける」、「7つの習慣」、 「孫子の兵法」、「論語」、「自助論」、「学問のすすめ」、「武士道」等を、読みました。


H28:親子で、"しまだ大井川マラソン"を、完走しました
 私は10㎞の部ですが、 勇太はフルマラソンを七年連続です。



H29:"家の光"に、勇太が掲載されました。
 "茶農家が教える、新茶の楽しみ方。"の、記事です。
 動画も、配信されています。



H29:雅睦
 ◆スマホ対応

 ホームページを、スマホでも見られる様にしました。